「加計関係者とは3回会った」柳瀬元首相秘書官が記憶を「取り戻した」論理とは


首相官邸で加計学園の獣医学部誘致関係者と首相秘書官が面会したかどうかが問題となった加計学園問題。

5月10日に衆参両院で行われた参考人招致で、柳瀬唯夫・元首相秘書官(現・経済産業省審議官)は加計学園の関係者と3回、首相官邸で面会したことを明らかにした。愛媛県の作成した文書に残っていた2015年4月2日に加え、同年2〜3月ごろと4月以降にも官邸で会ったという。

柳瀬氏はこれまで「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」と繰り返しコメントしてきた。それはなんだったのか。

衆議院予算委員会に参考人として招致され、挙手する柳瀬唯夫・経産審議官

時事通信

柳瀬氏は午後に行われた参議院での参考人招致で「これまで今治市の人と面会したかと問われてきたので、記憶にないと答えてきた。一方で加計学園と会ったことを否定したことはない」と述べた。

さらに「当時、加計学園からアポイントがあり、お会いした。10人ぐらいいたなかで、愛媛県がいたのか、今治市がいたのか、そこははっきりしない。(以前の)集中審議で今治市に関する話が出たのは、当時、同市の資料が出たので、そういうことで今治市と会ったのかと聞かれたので、答えた。質問一つ一つにお答えしたが、全体が分かりづらくなったことにはお詫びをしたいと思います」と付け加えた。

「嘘」はないが明言もせず

柳瀬氏の主張をまとめると「今治市の担当者に会ったことは記憶になかったからそう答えてきた。だけど加計学園には会っている。しかし、『加計関係者と官邸で会ったか』という直接的なかたちで質問されなかったから、答えなかった」ということだ。

「嘘」はついていないが、あえて明言はしなかったことも同時に存在していたわけだ。

与党・公明党の秋野公造氏からの「どうして言わなかったのか」との質問に対しては「私の答弁が原因で国会に混乱が起きてしまった。国会で全てを語るべきなのが筋論だと思っていた。よって本日、記憶していることを洗いざらいお話ししている」と答弁した。

柳瀬氏はさらに、逃げ道を事前にもう一つ作っていた。

霞ヶ関や永田町では、独自の用法を持つ言葉がいくつもある。「記憶の限りでは」もその一つだ。これは、「そのうち思い出して認める可能性もある」という含みを持っており、必ずしも否定とは限らないのだ。

虚偽の答弁には罰則がある国会の参考人招致でも、何かを明言したくない時には「記憶にございません」という答弁が多用される。第三者が記憶の有無を証明することはできないため、「虚偽」とは言えないからだ。

この面でも、柳瀬氏は嘘を言うことは避けつつも、事実関係をぼかしていた可能性がある。

「面会は首相には伝えなかった」

一方で柳瀬氏は、今治市や学園関係者と面会したことを、安倍晋三首相には伝えなかったと答弁した。

安倍首相は2017年7月、国会の閉会中審査で、加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは「学園が事業者に決まった今年1月20日」と答弁している。この点について柳瀬氏は「私は2015年8月4日に総理秘書官を退任している。その後総理がどこでどう認識したかは分かりません」と述べた。

なお、柳瀬氏が官邸で加計学園関係者と面会した5日後、安倍首相は加計孝太郎理事長が主催する花見の会に出席している。二人は自他ともに認める、学生時代からの親友だ。親友同士が再会する前に、その部下が面会に来たことを、柳瀬氏は上司である首相に黙っていたことになる。

特区関係で会ったのは加計だけ

柳瀬氏は加計側と会った理由を「官邸にいると外の情報が入らなくなる。外部からのアポイントに対しては、時間が許す限り受けた」と説明した。一方で、国家戦略特区関係の事業者で面会したのは加計学園だけだったという。

また、愛媛県の文書にあった「これは首相案件」と述べたとされる問題については、直接そういう言葉を使ったかどうかについては否定したうえで、「これは改革の一丁目一番地という意味では申し上げた。総理が民間議員から提示された提案を送球に検討していきたいという発言があったので、面談の中でそういう趣旨で申し上げた」などと述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *